戸隠神社へのアクセス おすすめルート【タクシー編】

戸隠神社は長野駅から約20kmほど離れたところにあるのですが、近くに鉄道は走っていないため、新幹線で長野駅までいらっしゃった場合は、バスを使うか、駅前でレンタカーを借りて戸隠神社まで行くことになります。

 

ただバスはそれほど本数があるわけではありませんので、時間が合えばよいのですが、合わない場合は待ち時間が発生してしまいます。

また戸隠までの道は、山道となりますので、運転に慣れていれば良いのですが、運転に不慣れな場合は、レンタカーは止めた方がよいかもしれません。

 

そのような場合に料金は最も高くなりますが、タクシーを使って戸隠まで行く方法もあります。

タクシーの利用方法

通常利用

長野駅善光寺口のタクシー乗り場で客待ちしているタクシーに乗り、戸隠神社まで行くこと可能です。

長野駅から戸隠神社宝光社までの片道料金は9,000円~10,000円程度になります(※)。

※道中で渋滞等があるとこれ以上の料金となる場合もあります。

バス運賃が一人1,150円なので、タクシーに4名乗車した場合でバス運賃の倍の金額ということになります。

観光タクシー

一定時間タクシーを貸切る観光タクシーを利用する方法もあります。

観光タクシーなら、離れた場所にある五社を順に回ってもらうことも可能です。また運転手さんが観光ガイドもしてくれるので、タクシーを通常利用するよりこちらの方がお得です。

タクシー会社にもよりますが、以下のリンク先の「中央タクシー」さんなら戸隠神社参拝コース(5時間)で19,800円/台となっています。

 

【長野駅発着/観光タクシーでまわる信州】戸隠神社参拝コース(5時間プラン)

 

通常利用なら往復するだけで20,000円程度の料金になりますが、観光タクシーなら戸隠内での移動でも利用することができますので、観光タクシーの方が絶対お得です。

ただし観光タクシーを利用する場合は、利用日の2日前の18:00までに申し込みが必要とされていますので、旅行が決まったら早めに申し込むようにしてください。

長野駅タクシー乗り場

通常利用の場合

長野駅の新幹線改札を出て右(善光寺口方面)に進みます。

突き当り左手にあるエスカレーターあるいは階段で1階へ降ります。

1階に降りたら、出口を出て左手に進めば、タクシー乗り場があります。

タクシー乗り場で戸隠神社まで行きたい旨を運転手に告げてください。

観光タクシーの場合

観光タクシーの場合は、タクシー会社が設定した集合場所へ集合するようにしてください。

上記の中央タクシーさんの場合は、長野駅東口タクシー乗り場が待ち合わせ場所になっています。

長野駅の新幹線改札を出て左(東口方面)に進みます。

エスカレーターあるいは階段を一段下って、連絡通路を進みます。戻る方向へ進みます。

戻る方向に進むと右手側に下る階段が見えてきますので、1階に降りてください。

1階に降りて右手側にタクシー乗り場がありますので、予約したタクシーを見つけるようにしてください。

 

戸隠神社まで他の交通手段で行く場合は、こちらの記事を見てください。

戸隠神社へのアクセス おすすめルート【バス編】
長野駅から戸隠神社までは、路線バスが2系統走っています。 ループ橋経由戸隠高原行(70系統) 県道経由戸隠中社行(73系統) ループ橋経由戸隠高原行(70系統)は奥社参道入口まで行くのですが、県道経由戸隠中社行(73系...
戸隠神社へのアクセス おすすめルート【マイカー編】
戸隠神社の近くには電車が通っておらず、公共交通機関は長野駅から出ているバスしかありません。 戸隠神社へはマイカーやレンタカーなど車で行くのが便利です。 東京、名古屋方面からのアクセス 東京や名古屋方面から車で来るときは、上信越自動...
戸隠神社へのアクセス おすすめルート【レンタカー編】
戸隠をたっぷり楽しみたい方は、レンタカーを借りると便利です。 長野駅周辺には8つのレンタカー会社がありますので、お気に入りのレンタカー会社で車を借りるようにしてください。 また戸隠の標高は1,000mを超えますの...

 

 

戸隠神社の見どころはこちらの記事を見てください。

戸隠神社 宝光社へ行く前にチェック!地元民が教える見どころ
長野市街地よりバードライン(県道36号線)を戸隠方面に進んでくると一番最初に見えてくるのが「宝光社(ほうこうしゃ)」です。 宝光社(ほうこうしゃ)のご祭神 宝光社(ほうこうしゃ)のご祭神は「天表春命(あめのうわはるのみこと)」で...
戸隠神社 火之御子社へ行く前にチェック!地元民が教える見どころ
宝光社からバードライン(県道36号線)を戸隠方面に進んでいくと次に見えてくるのが、「火之御子社(ひのみこしゃ)」です。 戸隠神社の宝光社、中社、奥社はいずれも平安時代から明治維新まで神仏習合(※)であったのに対して、火之御子社...
戸隠神社 中社へ行く前にチェック!地元民が教える見どころ
火之御子社からバードライン(県道36号線)を戸隠方面に進んでいくと次に見えてくるのが、「中社(ちゅうしゃ)」です。 戸隠に関する数々の縁起本を整理・編集した「戸隠山顕光寺流記」によると、宝光社が創建され30余年後の寛治元年(1...
戸隠神社 九頭龍社・奥社へ行く前にチェック!地元民が教える見どころ
中社からさらにバードライン(県道36号線)を進むと奥社(おくしゃ)参道入口に出ます。 九頭龍社(くずりゅうしゃ)と奥社(おくしゃ)へは、約2kmの参道を歩いて行って参拝することになります。 九頭龍社(くずりゅ...

コメント