小林農園 どうしても立ち寄りたくなる「焼きとうもろこし」のお店

奥社参道入口からおよそ12km、車で15分ほど走ると信濃町で絶品焼きとうもろこしを食べさせてくれる小林農園があります。

これまでたくさんのトウモロコシを食べてきましたが、小林農園で食べさせてくれるような甘いとうもろこしは他では食べられません。

 

焼きトウモロコシは毎年7月下旬頃から9月中旬頃までいただくことが可能です。

 

お店の営業は11月下旬頃まで続き、きのこやその他の野菜を販売されています。

戸隠神社の参拝が終わったら、ぜひ立ち寄ってみてください。

小林農園までの道順

奥社参道入口より信濃町方面へ向かって走ります。

道なりにおよそ12kmほど走ると写真のような道路標識が見えてきます。

道路標識を通過したらすぐに右手に小林農園が見えてきます。

手前に駐車場への入り口がありますが、もし通り過ぎてしまっても、先の道で右折すると駐車場に入ることができます。

小林農園の駐車場

小林農園の駐車場は、店舗の周りに四箇所あります。

焼きとうもろこしのシーズンは、たくさんの人が訪れていますので、駐車場に空きがないこともあります。

注意して駐車場の空きを探すようにしてください。

焼きとうもろこし

軒先でお店の方が茹でたとうもろこしに醤油を塗り、直火で少し炙ってから提供してくれます。

一本250円なのですが、一本買うと必ずおまけで小さいとうもろこしがいただけます。

 

たくさん食べることができない方は、おまけがもらえることを前提に、必要本数を注文するようにしてください。

 

また焼きトウモロコシの持ち帰りも可能です。

 

でも店舗のイートインスペースで食べていく場合は、季節の野菜で作ったお漬物もいただけます。

甘いとうもろこしを食べながら、途中、しょっぱいお漬物を箸休めにいただくと、トウモロコシの甘さが一層引き立ちます。

 

またお茶もセルフサービスでいただくことができますので、時間があるならぜひ店舗で焼きたての焼きトウモロコシを食べていってください。

生とうもろこし

焼きとうもろこしだけではなく、生のとうもろこしも販売しています。

当日自宅まで帰られる方は、おみやげに買って帰られるのもいいのではないでしょうか。

 

生のトウモロコシはどんどん鮮度が落ちていきますので、帰られたら、すぐに茹でることをおすすめします。

茹ででしまえば、その後冷蔵庫で保管することによって、2~3日はおいしいとうもろこしを楽しむことが可能です。

 

また宅配便で全国への発送もお店でできます。

 

ただ時期によっては、生とうもろこしの販売を取りやめていることもありますので、お店の公式アカウントによるツイートを確認するようにしてください。

小林農園(信濃町)(@kbys_disk)さん | Twitter
小林農園(信濃町) (@kbys_disk)さんの最新ツイート 夏は焼きとうもろこし屋、秋は八百屋とおでん。※繁忙期は、返信ができなかったり遅くなったりすることがございます。恐れ入りますがご理解をお願い致します。 長野県上水内郡信濃町柏原4352-2

コーンスープ用とうもろこし

小林農園では、生とうもろこしだけではなく、コーンスープ用のとうもろこしも販売しています。

一箱に10本以上のトウモロコシが入って500円と大変お買い得になっています。

たくさんあるので、冷凍保存しておけば味を落とさず、いつでもコーンポタージュを作ることができますね。

コメント