戸隠神社の回り方 バスで回る五社巡り

戸隠神社は霊山といわれる戸隠山の麓にあります。

戸隠神社は、奥社(おくしゃ)、中社(ちゅうしゃ)、宝光社(ほうこうしゃ)、九頭龍社(くずりゅうしゃ)、火之御子社(ひのみこしゃ)の五社から構成され、創建以来二千年余りの時を刻む神社です。

二千年を超える歴史があり、日本屈指のパワースポットともいわれる戸隠神社ですが、五社あることを知らないのか、多くの方が中社(ちゅうしゃ)と奥社(おくしゃ)・九頭龍社(くずりゅうしゃ)を参拝して帰ってしまわれます。

でもせっかく戸隠に来たなら、戸隠神社を構成する五社すべてを回らないともったいないです。

 

バスを乗り継いで五社すべてを回ることも可能ですので、バスで回る五社巡りをぜひ楽しんでみてください。

戸隠神社までのアクセス

長野駅から戸隠神社までは、路線バスが2系統走っています。

  • ループ橋経由戸隠高原行(70系統)
  • 県道経由戸隠中社行(73系統)

いずれのバスも長野駅の「7番バスのりば」から出発しますので、長野駅を降りたら「7番バスのりば」へ向かってください。

戸隠神社までは一時間少々掛かります。

 

また五社巡りをするなら、フリー区間での乗り降り自由の「戸隠高原フリー切符」がお得です。

 

バス乗り場までの詳細や時刻表、お得な切符については、こちらの記事を見てください。

戸隠神社へのアクセス おすすめルート【バス編】
長野駅から戸隠神社までは、路線バスが2系統走っています。 ループ橋経由戸隠高原行(70系統) 県道経由戸隠中社行(73系統) ループ橋経由戸隠高原行(70系統)は奥社参道入口まで行くのですが、県道経由戸隠中社行(73系...

所要時間

戸隠神社の五社すべてをバスで回ると、バスの待ち時間を除いて、およそ3時間程度の時間が必要です。

  • 宝光社参拝:30分
  • 火之御子社へ移動(バス):5分
  • 火之御子社参拝:15分
  • 中社へ移動(バス):5分
  • 中社参拝:30分
  • 奥社参道入口まで移動(バス):5分
  • 奥社・九頭龍社参拝:90分
  • 合計:180分(3時間、ただしバスの待ち時間は除く

参拝順序

参拝順序に正式な決まりはありません。

しかしながら奥社が御本社なので、一番最後に参拝すると良いでしょう。

そして奥社から遠い順に宝光社(ほうこうしゃ)、火之御子社(ひのみこしゃ)、中社(ちゅうしゃ)、九頭龍社(くずりゅうしゃ)、奥社(おくしゃ)と参拝するのがおすすめです。

宝光社(ほうこうしゃ、参拝時間目安:30分)

長野駅から乗ったバスは「戸隠宝光社」バス停で降りるようにしてください。

「戸隠宝光社」バス停で降りたら、全部で二百六十段ある石段を上り、参拝してください。

宝光社の見どころは、こちらの記事を見てください。

戸隠神社 宝光社へ行く前にチェック!地元民が教える見どころ
長野市街地よりバードライン(県道36号線)を戸隠方面に進んでくると一番最初に見えてくるのが「宝光社(ほうこうしゃ)」です。 宝光社(ほうこうしゃ)のご祭神 宝光社(ほうこうしゃ)のご祭神は「天表春命(あめのうわはるのみこと)」で...

火之御子社への移動(神道を歩いた場合の所要時間15分)

宝光社の参拝が終わったら、火之御子社(ひのみこしゃ)へ移動します。

バスを待っても良いのですが、バス停一つ分しかバスに乗りません。

また火之御子社の前にバス停があるわけではなく、次のバス停である「戸隠営業所」バス停から少し戻らなくてはならないこともあり、火之御子社を経由して中社まで神道(かんみち)を歩いて参拝するのがおすすめです。

神道(かんみち)を歩いても火之御子社まで700mで10分少々で到着します。

 

途中、歩いてしか行けない観光スポットもありますので、ぜひ神道(かんみち)を歩いてみてください。

 

神道(かんみち)の詳しい道順は、こちらの記事を見てください。

戸隠古道を歩こう④!神道(かんみち) 宝光社から火之御子社まで
古(いにしえ)の時代の人々も歩いた巡礼の道「戸隠古道」ですが、今回は宝光社(ほうこうしゃ)から火之御子社(ひのみこしゃ)までの神道(かんみち)をご紹介します。 途中観光スポットもたくさんありますので、実際に歩いて、戸隠の歴史と文化、大...

火之御子社(ひのみこしゃ、参拝時間目安15分)

神道(かんみち)を歩いてくると、火之御子社(ひのみこしゃ)社殿の横に出ます。

手水舎が分かりにくいところにありますので、忘れずに手と口を清めるようにしてください。

また境内には西行桜(さいぎょうざくら)や夫婦杉(ふうふすぎ)もありますので、ぜひ一緒に見ていくようにしてください。

火之御子社の見どころは、こちらの記事を見てください。

戸隠神社 火之御子社へ行く前にチェック!地元民が教える見どころ
宝光社からバードライン(県道36号線)を戸隠方面に進んでいくと次に見えてくるのが、「火之御子社(ひのみこしゃ)」です。 戸隠神社の宝光社、中社、奥社はいずれも平安時代から明治維新まで神仏習合(※)であったのに対して、火之御子社...

中社への移動(神道を歩いた場合の所要時間15分)

火之御子社から中社までも同じく700mで10分少々で行くことが可能ですので、バスには乗らず、神道(かんみち)を歩いていくのがおすすめです。

 

神道の詳しい道順などは、こちらの記事を見てください。

戸隠古道を歩こう⑤!神道(かんみち) 火之御子社から中社まで
古(いにしえ)の時代の人々も歩いた巡礼の道「戸隠古道」ですが、今回は火之御子社(ひのみこしゃ)から中社(ちゅうしゃ)までの道のりをご紹介します。 途中観光スポットもたくさんありますので、実際に歩いて、戸隠の歴史と文化、大自然を体感して...

中社(ちゅうしゃ、参拝時間目安30分)

神道を歩いてくると大鳥居前に出ます。

中社社殿以外にも宝物館である青龍殿や三本杉、宣澄社など見どころがありますので、見落とさなないようにしてください。

中社の見どころは、こちらの記事を見てください。

戸隠神社 中社へ行く前にチェック!地元民が教える見どころ
火之御子社からバードライン(県道36号線)を戸隠方面に進んでいくと次に見えてくるのが、「中社(ちゅうしゃ)」です。 戸隠に関する数々の縁起本を整理・編集した「戸隠山顕光寺流記」によると、宝光社が創建され30余年後の寛治元年(1...

奥社参道入口への移動(バス、所要時間10分)

奥社参道入口へは一系統のバスしか通っておらず、一時間に一本しかバスがありません。

中社を参拝する前に、次のバスの時間を確認しておくことをおすすめします。

 

もし次のバスまで時間があるようなら、中社周辺で昼食をとるのもいいと思います。

戸隠は標高1,300mくらいのところにあり、そばの栽培が盛んで、中社周辺にも多くのそば店が軒を並べています。

ぜひ戸隠そばを召し上がっていただければと思います。

 

また奥社参道入口までおよそ2.0kmなのですが、奥社道を歩いていくことも可能です。

歩く場合は40分くらいの時間を見ておくと良いでしょう。

 

奥社道の道順や見どころは、こちらの記事を見てください。

戸隠古道を歩こう⑥!奥社道 中社から奥社参道入口まで
古(いにしえ)の時代の人々も歩いた巡礼の道「戸隠古道」ですが、今回は中社(ちゅうしゃ)から奥社参道入口までの道のりをご紹介します。 途中観光スポットもたくさんありますので、実際に歩いて、戸隠の歴史と文化、大自然を体感してみてください。...

九頭龍社・奥社参拝(参拝時間目安90分)

いよいよ戸隠神社のご本社である奥社(おくしゃ)とその隣にある九頭龍社(くずりゅうしゃ)の参拝です。

奥社まではおよそ2.0kmあり、後半500mは坂道や石段となっています。前半はほぼ平坦な道なのですが、ここで飛ばしすぎると後半ばててしまいますので、ゆっくり歩くようにしてください。

 

九頭龍社と奥社の見どころは、こちらの記事を見てください。

戸隠神社 九頭龍社・奥社へ行く前にチェック!地元民が教える見どころ
中社からさらにバードライン(県道36号線)を進むと奥社(おくしゃ)参道入口に出ます。 九頭龍社(くずりゅうしゃ)と奥社(おくしゃ)へは、約2kmの参道を歩いて行って参拝することになります。 九頭龍社(くずりゅ...

コメント