戸隠古道を歩こう!手軽に楽しむためのルートや距離、所要時間

戸隠古道は、一の鳥居から戸隠神社奥社まで続く古(いにしえ)の人々も歩いた巡礼の道です。

車で五社巡りするのも手軽でいいのですが、車のスピードでは味わえないものがあります。

 

戸隠の歴史と文化、大自然を満喫したいなら、戸隠古道をゆっくり歩いてみてどうでしょうか。

ルート(一の鳥居苑地から奥社まで)

古(いにしえ)の人々は、一の鳥居をくぐり、戸隠神社の神領に入っていました。

なので今回ご紹介するルートは、一の鳥居苑地を起点としています。

また途中に点在するさまざまな史跡なども合わせて観光することができるおすすめのルートです。

 

  • 一の鳥居苑地→大久保の茶屋→戸隠展望苑→祓沢(はらいざわ)
  • 祓沢→湯之嶺夕日展望苑(ゆのみねゆうひてんぼうえん)→一の午王橋供養石(いちのごおうばしくようせき)→五輪塔「熊の塔」→戸隠商工会館前道標→戸隠商工会館
  • 戸隠商工会館→双体道祖神(そうたいどうそじん)→幽魂社碑(ゆうこんしゃひ)と宝篋印塔(ほうきょういんとう)→地蔵堂(じぞうどう)→宝光社(ほうこうしゃ)
  • 宝光社→伏拝所(ふしおがみしょ)→火之御子社(ひのみこしゃ)
  • 火之御子社→中社(ちゅうしゃ)
  • 中社→女人堂跡(にょにんどうあと)→比丘尼石(びくにいし)→戸隠山公明院→稚児の塔(ちごのとう)→展望台→奥社参道入口
  • 奥社参道入口→一龕龍王祀(いっかんりゅうおうし)→高妻山神鏡碑(たかつまやましんきょうひ)→随神門(ずいじんもん)→杉並木→講堂跡(こうどうあと)→九頭龍社→奥社

 

距離(一の鳥居苑地から奥社まで)

一の鳥居苑地から奥社までの距離は、およそ12.5kmの道のりです。

ただし奥社まで行った後、奥社参道入口まで歩いて戻ってこなければならないので、実際の歩行距離は14.5km程度になります。

多少のアップダウンはありますが、ほとんどのところで平坦な道が続きますので、初心者にもおすすめのトレッキング(ハイキング)コースです。

コース距離
一の鳥居苑地~祓沢(はらいざわ)3.5km
祓沢~戸隠商工会館3.0km
戸隠商工会館~宝光社(ほうこうしゃ)0.6km
宝光社~火之御子社(ひのみこしゃ)0.7km
火之御子社~中社(ちゅうしゃ)0.7km
中社~奥社参道入口2.0km
奥社参道入口~奥社(おくしゃ)2.0km
合計12.5km

所要時間(一の鳥居苑地から奥社まで)

一の鳥居苑地から奥社まで1km15分のペースで休憩せずに歩くと3時間少々で到達することが可能です。

でもせっかくなので、戸隠神社の五社巡りをしたり、途中の史跡なども観光したり、昼食に戸隠そばを食べたりしながら、ゆっくり歩くことをおすすめします。

五社巡りする時間や昼食時間も含めると全体で7時間くらいの時間を見ておくと良いでしょう。

戸隠古道を歩く際の注意点

歩きやすい格好で

戸隠古道の多くは舗装されていない道を歩くことになります。

登山靴のような本格的なものまでは必要ありませんが、できるだけ歩きやすい格好で、いらしてください。

標高に合わせた防寒対策を

戸隠古道は標高1,300m前後のところを通っています。

従って長野市街地と比べても6℃程度気温が低いことが多いです。夏は涼しくてよいのですが、春先や秋口は思いの他、冷え込む日もあります。

防寒着を用意するなど、標高に見合った防寒対策を行うようにしてください。

飲み物を用意しましょう

戸隠古道沿いには、ほとんど飲み物の自動販売機はありません。

夏は熱中症にならないようにするためにも、飲み物を用意して、戸隠古道を歩くようにしてください。

なお用意するのを忘れた場合でも、一の鳥居苑地に来るまでの大座法師池周辺に飲み物の自動販売機がありますので、ご利用ください。

熊鈴と虫よけを用意しましょう

戸隠古道は、場所によっては山道をあるくことになります。

夏はたくさんの虫が飛んでいますので、虫よけを忘れずに持っていくようにしてください。

また近隣では熊の目撃情報も多数ありますので、熊鈴を付けて、歩くようにしてください。

車は一の鳥居苑地駐車場へ

一の鳥居苑地には無料駐車場があります。車やレンタカーは一の鳥居苑地の無料駐車場に停めるようにしてください。

大座法師池から2kmほど走ると「長野カントリークラブ」の看板が見えてきます。

「長野カントリークラブ」の看板を過ぎると、すぐに右手に一の鳥居苑地の駐車場が見えてきますので、対向車に注意して駐車場へ入ってください。

バスの場合は、「飯綱登山口」バス停で降りてください。

 

また帰りは「戸隠奥社入口」よりバスで、ここまで戻ってくることが可能です。

「一の鳥居」バス停より、「飯綱登山口」バス停のほうが駐車場に近いので、「飯綱登山口」バス停で下車してください。

トイレ

一の鳥居苑地からスタートすると地蔵堂近くの公衆トイレまで、しばらくトイレがありません。

従って、出発前にこちらのトイレをご利用ください。

一の鳥居苑地から祓沢(3.5km)

一の鳥居苑地から祓沢まではおよそ3.5kmの道のりです。

【見どころ】

  • 一の鳥居跡(いちのとりいあと)
  • 六十六部供養塔(ろくじゅうろくぶくようとう)
  • 丁石(ちょういし)
  • 九頭龍大権現の抜け穴(大久保西の茶屋)
  • 戸隠展望苑
  • 祓沢(はらいざわ)

一の鳥居苑地の詳細については、こちらの記事を見てください。

戸隠神社 一の鳥居苑地 ここから始めるのが正式な参拝です
長野市街より戸隠バードラインを通って戸隠方面に向かうと、大座法師池へ出ます。そこから2.5kmほど進んだところに戸隠神社の「一の鳥居苑地(いちのとりいえんち)」があります。 戸隠神社 一の鳥居苑地の場所 長野市街より戸隠バードラ...

また祓沢までの詳しい道のりや見どころについては、こちらの記事を見てください。

戸隠古道を歩こう①!一の鳥居苑地から祓沢(はらいざわ)まで
戸隠古道(とがくしこどう)とは一之鳥居苑地(いちのとりいえんち)を起点とする戸隠参拝古道のことを言います。 古(いにしえ)の時代の人々も歩いた巡礼の道「戸隠古道」を歩いて、戸隠の歴史と文化、大自然を体感してみませんか? ...

祓沢から戸隠商工会館(3.0km)

祓沢から戸隠商工会館までの道のりは、およそ3.0kmあります。

【見どころ】

  • 湯之嶺夕日展望苑(ゆのみねゆうひてんぼうえん)
  • 一の午王橋供養石(いちのごおうばしくようせき)
  • 五輪塔「熊の塔」
  • 戸隠商工会館前道標

詳しい道のりや見どころについては、こちらの記事を見てください。

戸隠古道を歩こう②!祓沢(はらいざわ)から戸隠商工会館前まで
古(いにしえ)の時代の人々も歩いた巡礼の道「戸隠古道」ですが、今回は祓沢(はらいざわ)から戸隠商工会館前道標までの道のりをご紹介します。 途中観光スポットもたくさんありますので、実際に歩いて、戸隠の歴史と文化、大自然を体感してみてくだ...

戸隠商工会館から宝光社(0.6km)

戸隠商工会館から宝光社までの道のりはおよそ0.6kmあります。

【見どころ】

  • 双体道祖神(そうたいどうそじん)
  • 幽魂社碑(ゆうこんしゃひ)と宝篋印塔(ほうきょういんとう)
  • 地蔵堂(じぞうどう)
  • 蘭喬句碑(らんきょうくひ)
  • 随神門跡(ずいじんもんあと)
  • 宝光社

詳しい道のりや見どころについては、こちらの記事を見てください。

戸隠古道を歩こう③!戸隠商工会館前道標から宝光社(ほうこうしゃ)
古(いにしえ)の時代の人々も歩いた巡礼の道「戸隠古道」ですが、今回は戸隠商工会館前道標から宝光社(ほうこうしゃ)までの道のりをご紹介します。 途中観光スポットもたくさんありますので、実際に歩いて、戸隠の歴史と文化、大自然を体感してみて...

宝光社の見どころについては、こちらの記事を見てください。

戸隠神社 宝光社へ行く前にチェック!地元民が教える見どころ
長野市街地よりバードライン(県道36号線)を戸隠方面に進んでくると一番最初に見えてくるのが「宝光社(ほうこうしゃ)」です。 宝光社(ほうこうしゃ)のご祭神 宝光社(ほうこうしゃ)のご祭神は「天表春命(あめのうわはるのみこと)」で...

宝光社から火之御子社(0.7km)

宝光社から火之御子社までの道のりはおよそ0.7kmあります。

【見どころ】

  • 伏拝所(ふしおがみしょ)
  • 火之御子社

詳しい道のりや見どころについては、こちらの記事を見てください。

戸隠古道を歩こう④!神道(かんみち) 宝光社から火之御子社まで
古(いにしえ)の時代の人々も歩いた巡礼の道「戸隠古道」ですが、今回は宝光社(ほうこうしゃ)から火之御子社(ひのみこしゃ)までの神道(かんみち)をご紹介します。 途中観光スポットもたくさんありますので、実際に歩いて、戸隠の歴史と文化、大...

また火之御子社の見どころについては、こちらの記事を見てください。

戸隠神社 火之御子社へ行く前にチェック!地元民が教える見どころ
宝光社からバードライン(県道36号線)を戸隠方面に進んでいくと次に見えてくるのが、「火之御子社(ひのみこしゃ)」です。 戸隠神社の宝光社、中社、奥社はいずれも平安時代から明治維新まで神仏習合(※)であったのに対して、火之御子社...

火之御子社から中社(0.7km)

火之御子社から中社までの道のりはおよそ0.7kmあります。

【見どころ】

  • 中社

詳しい道のりについては、こちらの記事を見てください。

戸隠古道を歩こう⑤!神道(かんみち) 火之御子社から中社まで
古(いにしえ)の時代の人々も歩いた巡礼の道「戸隠古道」ですが、今回は火之御子社(ひのみこしゃ)から中社(ちゅうしゃ)までの道のりをご紹介します。 途中観光スポットもたくさんありますので、実際に歩いて、戸隠の歴史と文化、大自然を体感して...

中社の見どころについては、こちらの記事を見てください。

戸隠神社 中社へ行く前にチェック!地元民が教える見どころ
火之御子社からバードライン(県道36号線)を戸隠方面に進んでいくと次に見えてくるのが、「中社(ちゅうしゃ)」です。 戸隠に関する数々の縁起本を整理・編集した「戸隠山顕光寺流記」によると、宝光社が創建され30余年後の寛治元年(1...

中社から奥社参道入口(2.0km)

中社から奥社参道入口までの道のりはおよそ2.0kmあります。

【見どころ】

  • 女人堂跡(にょにんどうあと)
  • 比丘尼石(びくにいし)
  • 女人結界碑(にょにんけっかいひ)
  • 戸隠山公明院(とがくしやま こうめいいん)
  • 釈長明火定の地(しゃくちょうめいかじょうのち)
  • 日本六十六州一の宮(にほんろくじゅうろくしゅういちのみや)
  • 稚児の塔(ちごのとう)
  • 展望台

詳しい道のりや見どころについては、こちらの記事を見てください。

戸隠古道を歩こう⑥!奥社道 中社から奥社参道入口まで
古(いにしえ)の時代の人々も歩いた巡礼の道「戸隠古道」ですが、今回は中社(ちゅうしゃ)から奥社参道入口までの道のりをご紹介します。 途中観光スポットもたくさんありますので、実際に歩いて、戸隠の歴史と文化、大自然を体感してみてください。...

奥社参道入口から奥社(2.0km)

奥社参道入口から奥社までは、およそ2.0kmの道のりです。

【見どころ】

  • 逆川(さかさがわ)
  • 参道入口
  • 一龕龍王祀(いっかんりゅうおうし)
  • 高妻山神鏡碑(たかつまやましんきょうひ)
  • 随神門(ずいじんもん)
  • 杉並木
  • 奥社院坊跡(おくしゃいんぼうあと)
  • 小百合(さゆり)杉
  • 法燈国師母公祈願(ほっとうこくしぼこうきがん)観音堂(かんんのんどう)跡と宝篋印塔(ほうきょういんとう)
  • 講堂跡(こうどうあと)
  • 飯綱社(いいづなしゃ)
  • 八水神(はっすいじん)の滝
  • 九頭龍社(くずりゅうしゃ)
  • 奥社(おくしゃ)

奥社参道の見どころについては、こちらの記事を見てください。

戸隠神社 九頭龍社・奥社へ行く前にチェック!地元民が教える見どころ
中社からさらにバードライン(県道36号線)を進むと奥社(おくしゃ)参道入口に出ます。 九頭龍社(くずりゅうしゃ)と奥社(おくしゃ)へは、約2kmの参道を歩いて行って参拝することになります。 九頭龍社(くずりゅ...

コメント