戸隠そば山口屋 多くの団体客も訪れる戸隠そばの名店

スポンサーリンク

中社のすぐ近くにある戸隠そばの名店、山口屋。

 

中社から徒歩5分という好立地にあることから、ゴールデンウィーク(GW)やお盆休み、紅葉シーズンなどの混雑期は、他店同様、行列ができる戸隠そばのお店です。

 

平坦な土地の少ない戸隠にしては珍しく大きな駐車場を備えていることから、観光バスでいらっしゃる団体客が立ち寄ることも多いお店です。

店内の座席数が多いことから、他店に比べ回転が早く、長時間行列に並ぶのが嫌な方には、おすすめです。

 

また軒続きで、おみやげ店も併設されていることから、食事とショッピングの両方を楽しみたい方は、山口屋に行ってみてください。

お店の基本データ

朝は9:30オープンと、比較的早い時間から営業しています。

また戸隠では16:00に閉店するお店が多い中、17:30まで営業していることから、遅い時間になってもそばをいただくことができるのは、助かります。

 

店名戸隠そば山口屋
住所長野県長野市戸隠3423
電話番号026-254-2351
営業時間09:30~17:30
定休日不定休
座席数280席(一階80席、二階200席)
個室あり
禁煙完全禁煙
駐車場あり(詳細は以下の駐車場情報をご覧ください)

お店までの道順と駐車場情報

山口屋は戸隠神社中社から徒歩5分のところにあります。

 

県道36号線バードラインを宝光社から中社方面に走ってくると、左手に「昭和シェル石油 戸隠SS」が見えてきます。

 

「昭和シェル石油 戸隠SS」から250mほど進むと、左手に「戸隠そば山口屋」の大きな駐車場が見えてきますので、注意して駐車場に入るようにしてください。

 

混雑時は、駐車場に誘導員が立っていますので、誘導員の指示に従って車を停めるようにしてください。

 

なお山口屋の駐車場が満車の場合は、先に中社の無料駐車場に車を停めて参拝してから、ここまで歩いて戻ってくるのも一つの方法です。

お店のメニュー

山口屋のメニューは以下のとおりです。

戸隠そばは、天ぷらと一緒に楽しんでいただきたいので、おすすめは、「天ざる」あるいは「ご利益そば」です。

また山口屋では、スイーツメニューも充実していることから、ぜひ食後にスイーツも楽しんでみてください。

おすすめは、「特製そばプリン」あるいは「そばの香ソフト」です。

そばの評価(総合★★★☆☆)

そば(★★★☆☆)

そばは、戸隠では一般的な甘皮まで一緒に挽いた「挽きぐるみそば」で、程よくそばの風味を感じることができます。

 

やや太めに切りそろえたそばは、コシのしっかりした、のど越しの良いそばに仕上がっています。

 

また山口屋のそばは、ぼっち盛り(※)で提供されます。

※戸隠そば特有の盛り方で、馬蹄形にそばを盛る盛り方です。「ぼっち盛り」では途中で切れたそばや不揃いなそばは除かれるのですが、これは戸隠そばが神様へのお供え物であったり、おもてなしの料理であることに由来します。

 

ぼっち盛りでは、食べ切るまでの乾燥を防ぐために、水切りをしすぎない状態で提供されます。

人によっては、水切りが不十分と感じられる方もいらっしゃるようですが、これが戸隠スタイルです。

そばつゆ(★★☆☆☆)

そばつゆは、鰹の風味を強く感じる、やや癖のあるそばつゆとなっています。

 

鰹の風味が強いため、そばつゆの味が全体的に引っ張られ、かえしが置き去りになっているように感じます。

人によっては、薄味に感じることがあるかもしれません。

 

そばの風味を存分に楽しむために、そばつゆは少ししかつけないのが、そばを楽しむコツなのですが、ここのそばつゆは、しっかり浸したくなるそばつゆです。

 

薬味は、わさび、ねぎ、辛味大根の三種類です。

最初は薬味は使わずに、そばの風味を楽しむようにしてください。

天ぷら(★★☆☆☆)

この日の天ぷらは、えびが2本と、うど、ふきのとう、春菊でした。

 

季節に関係なくえびは2本提供されるのですが、野菜天は、季節ごとに内容が変わります。

この日の野菜天のひとつは、ふきのとうの天ぷらでした。

 

戸隠で山菜が本格的に採れるのは少し後になるのですが、ふきのとうは顔を見せ始めたようです。

ほろ苦いふきのとうを天ぷらにしていただくと、春を伊吹を感じます。

 

もう少しすると、いろいろな種類の山菜が採れるようになるので、そばと一緒に山菜を楽しんでみてください。

 

天つゆが別に付きますので、そばつゆを天ぷらの油で汚したくない人も、安心して天ぷらをいただくことが可能です。

また抹茶塩も付きますので、サックっとした歯ごたえを楽しみたい方は、抹茶塩でいただいてください。

サービス(★★★☆☆)

戸隠のそば店では、そばを注文すると、小鉢を出してくれるお店が多いのですが、山口屋でも小鉢のサービスがあり、この日は野沢菜漬けをいただきました。

 

おなかをすかせて、お店に入った時は、こういったサービスはありがたいものです。

 

また山口屋では、注文した商品が提供されるまでのスピードが、驚くほど早かったです。

こじんまりとそば店を営むお店では、注文したそばが提供されるまで、30分近く待たされることもあります。

しかしながら、この日は、注文してから7、8分でそばを提供していただき、驚きました。

山口屋は、多くの団体客もいらっしゃるようなので、厨房内のオペレーションが出来上がっているのだと思います。

値段(★★★☆☆)

戸隠で天ざるをいただくと1,500円を超えることが多いのですが、山口屋でも天ざるは1,520円となっており、戸隠では平均的な価格です。

でも天ぷらはえびが2本使われているにもかかわらず、この価格なので、がんばっている方だと思います。

 

それでもおいしいものを、より安くいただけるとありがたいものです。

山深い戸隠なので、えびではなく地物の野菜や山菜、きのこを中心とした天ぷらにして、もう少し価格を抑えて提供していただけると良いと思うのですが、いかがでしょうか。

グルメ
スポンサーリンク
案内人をフォローする
戸隠観光なび

コメント