大谷地(おおやち)湿原 バードライン沿いにある水芭蕉の群生地

スポンサーリンク

長野市街地から戸隠神社を目指してバードラインを走ると、途中水芭蕉(ミズバショウ)の群生を見ることができる大谷地(おおやち)湿原の近くを通ります。

大谷地湿原では春先に水芭蕉やリュウキンカ、ニリンソウが一斉に咲き乱れます。

大谷地湿原は5ヘクタールの広さがあり、一周20分程度の散策コースも整備されています。

春先に戸隠神社にいらっしゃったときは、大谷地湿原にもぜひお立ち寄りください。

水芭蕉(ミズバショウ)とは

水芭蕉は寒地の湿原に群生する多年草です。太く短い地下茎を横に伸ばします。

葉は花後に生じ、長柄を含めると長さ40cmから80cmまで成長します。

花茎は春先に葉より前に生じ、白い仏炎苞(ぶつえんほう)に包まれています。

また長さ4cmから8cmの円柱状肉穂花序(にくすいかじょ)があり、3㎜程度の淡緑色の花を密生させます。

最盛期には香水のような甘い香りを放ちます

場所

長野市街地から戸隠方面へバードラインを走ると、ちょうど中間あたりに大座法師池(だいざほうしいけ)が見えてきます。

大谷地湿原は大座法師池から500mほど戸隠方面に走った右手にあります。

駐車場

大谷地湿原の前に数台分車を停めることができるスペースがあり、ここに車を停めると便利です。

もしここに停めることができない場合は、近くに100台以上の駐車スペースのある「飯綱高原キャンプ場」駐車場に車を停めるようにしてください。

「飯綱高原キャンプ場」駐車場に車を停めた場合は、大谷地湿原前の横断歩道でバードラインを横断すると便利です。

散策コース

散策コースを一周すると、だいたい20分くらい掛かります。

コースはしっかり整備されていますが、できるだけ歩きやすい靴で歩くようにしてください。

途中ニリンソウの群落を見ることもできます。

コメント