戸隠二葉屋 葉隠 本当は教えたくない戸隠そばの名店




中社から歩いて行けるところにあるのが、そば店「戸隠二葉屋 葉隠」です。

夫婦で「蕎麦を愉しむ大人の空間」を目指して店づくりをされているそば店です。

人気のそば店なので、土日祝には行列必至の戸隠そばの名店です。

お店の基本データ

店名戸隠二葉屋 葉隠
住所長野県長野市戸隠中社宮前
電話番号026-254-2176
営業時間10:30〜16:00(売り切れ次第終了)
定休日火曜(ただしその他臨時休業あり)
座席数36席
個室なし
禁煙完全禁煙
駐車場あり(詳細は以下の駐車場情報をご覧ください)

お店までの道順と駐車場情報

「二葉屋 葉隠」は戸隠神社中社から100m程度のところにあります。

「二葉屋 葉隠」の前の駐車場は、戸隠観光情報センターの有料駐車場となっており、こちらの駐車場に停めると一回500円(時間制限なし、台数60台)の駐車料金が掛かってしまいます。

なので店舗裏にあるお店の無料駐車場か、中社の無料駐車場に車を停めると良いと思います。

店舗裏無料駐車場

中社前にある戸隠観光情報センターの前をまっすぐ進みます。

中社前は歩行者も多く、また細い道に入りますので、気を付けて運転するようにしてください。

右手に見える門を進むと旧本坊勧修院久山館へと続くのですが、「二葉屋 葉隠」の無料駐車場へは門の脇の道を進みます。

すると左手に看板が見えてきますので、気を付けて駐車場へ入るようにしてください。

店舗裏の無料駐車場は10台程度の車を停めることが可能です。

中社無料駐車場

「二葉屋 葉隠」は戸隠神社中社無料駐車場からもそれほど離れていません。

参拝の前後に訪れるなら、こちらの駐車場を利用することも可能です。

中社の無料駐車場は2ヵ所あります。

一つが中社西参道入口無料駐車場で駐車スペースは20台程度が用意されています。

またもう一つが西側無料駐車場で、こちらは三段に分かれており、全体で100台程度の車を停めることが可能です。

お店のメニュー

二葉屋 葉隠のメニューは以下のとおりです。

お店のコンセプトである「蕎麦を愉しむ大人の空間」らしく、日本酒をはじめとしたお酒のメニューが充実しています。

たくさんあるメニューですが、季節の野菜天ぷらも楽しめる「野菜天ざる」がおすすめです。

また戸隠の山菜や高原野菜を楽しめる「戸隠のひとさら」もサイドメニューとしておすすめです。

そばの評価(総合★★★☆☆)

そば(★★★☆☆)

そばには粗塩が付き、最初のひと口は塩を付けて食べて下さいと勧められます。

実際に粗塩でいただくと、爽やかなそばの香りと共に甘みが口の中に広がります。

そばは、やや色白の太目で、コシがしっかりしており、もっちりした歯ごたえの楽しめるそばに仕上がっています。

 

「二葉屋 葉隠」のざるそばは、戸隠そば定番のぼっち盛り(※)で提供されます。

※戸隠そば特有の盛り方で、馬蹄形にそばを盛る盛り方です。「ぼっち盛り」では途中で切れたそばや不揃いなそばは除かれるのですが、これは戸隠そばが神様へのお供え物であったり、おもてなしの料理であることに由来します。

ぼっち盛りでは、食べ切るまでの乾燥を防ぐために、水切りをしすぎない状態で提供されます。

根曲がり竹で編まれたざるにより余分な水分は切られて受け皿に溜まるようになっており、戸隠の湧水を、最大限に生かすスタイルで提供されます。

そばつゆ(★★★☆☆)

「二葉屋 葉隠」のそばつゆは、だしが効いててやや辛口のそばつゆです。

だしの香りが強く立つそばつゆで、風味や旨味も強く感じます。

全体的にキリッとシャープな感じに仕上がっているそばつゆで、そばとの相性がよいそばつゆだと思います。

 

薬味はわさびとねぎが添えられています。

天ぷら(★★★☆☆)

季節の野菜をふんだんに使った天ぷらを味わうことができます。

この日は、にんじん、モロッコインゲン、さつまいも、ピーマン、なす、かぼちゃ、しめじの7種類の具材の天ぷらが味わえました。

 

衣はちょうどいい薄さ、どれもカリッと揚げられています。また野菜のシャキシャキ感も同時に楽しめる天ぷらに仕上がっています。

「二葉屋 葉隠」では天つゆは提供されず、一緒に提供される抹茶塩でいただきます。

サービス(★★★★☆)

夫婦でお店を切り盛りされており、「蕎麦を愉しむ大人の空間」をコンセプトに店づくりをされています。

実際、店内にはかすかにジャズが流れていて大人の雰囲気です。

 

またそばと一緒に日本酒をはじめとしたお酒を楽しむことも可能です。

「大人の昼酒」も愉しめるようにと、さまざまな季節の料理も用意されています。

 

サイドメニューとして「戸隠のひとさら」をいただきました。

きゅうりのからし漬け、フキノトウの酢漬け、なすの煮びたし、かぼちゃの煮物、あざみ、なすの浅漬け、ニンジンの浅漬けが一皿に盛られて出てきます。

山菜は、戸隠で採られた山菜ということで、地のものを愉しんでほしいという店主の思いが感じられる「ひとさら」です。

値段(★★★★☆)

戸隠で天ざるを食べると1,500円を超えるところが多いのですが、「二葉屋 葉隠」では野菜天ざるを1,450円でいただくことができます。

 

おいしいものを手ごろな価格でいただけるのは、ありがたいですね。

 

 

戸隠そばといえば、うずら家やそばの実、極楽坊などが有名ですが、それ以外のお店でも工夫を凝らしたそばをいただくことが可能です。

有名店のそばばかりではない、これらのお店のそばもぜひ味わってみてください。

コメント